教育ローンの使い道はいろいろでした!意外な使い方も…

アルバイトしながら大学などを目指すという方でも収入さえあれば教育ローンを申請することは可能です。

ただし、ローンが組める人には条件があって20歳以上の成人でないと借りることができません。

ローン契約には安定継続した収入が必要という条件が設定されていることが多いので勤続年数が短いと審査に通り辛くなるかもしれません。

返済能力も重要なポイントなので最低でも200万円以上の年収は必要になると思っておきましょう。

いずれにせよ、学生自身が借主というのはあまりないことなので奨学金のほうが融資の可能性があると思います。

教育ローンでいくらまで借りられるかは各種融資機関によって融資額は異なります。

国の教育ローン(教育一般貸付)は最高でも350万円となっています。

民間の銀行で貸し付けている教育ローンは最大限度額1000万円程度まで貸し付けてくれる銀行もあります。

進学先が医学部、歯学部などであれば、最大融資金額が3000万円という銀行もあります。

一方、ノンバンクは学校と提携しているケースがあり、借りたお金が直接学校へ振り込まれるため、寮費や交通費などに利用することができなくなります。

埼玉りそなの教育ローンを知っていますか?埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前です。

りそなの教育ローンは変動金利になりますので年に2回ほど金利が更新されます。

りそな教育ローン(証書貸付タイプ)の現在の店頭表示金利は2.20%ですが住宅ローンご利用者プランが適用されると1.80%まで割引金利が適用されます。

最大借入可能額は500万円で返済期間は1年単位で最長14年まで可能です。

最長4年6ヵ月は利息のみの返済も可能で、納付金を支払った後でも、3ヶ月以内なら借入れできるなどのメリットもあります。

教育ローンの返済方法について紹介します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まります。

利息に関しましては通常、借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息分の支払だけでOKというローンもあります。

返済期間についても長いローンでなんと、最長20年借入可というものがあります。

しかし、返済期間が長引けば長引くほど返済金額は大きくなりますので注意が必要です。

教育ローンと言っても借金なので事前に返済シミュレーションを行い、返済状況を逐次確認することをおすすめします。

学生本人が教育ローンを利用するというのは基本的には無理です。

学費目的とはいえ、お金を借りることになりますので借主は貸付契約がきちんと行える人物である必要があります。

そのためにはまずは成人であることが求められますし安定継続した収入があることが前提となります。

その上、今働いている職場を辞める予定がないことや家賃や光熱費などすべて自分の稼ぎで支払えていることも重要になります。

故に、国の教育ローンに融資を期待するよりも銀行の教育ローンのほうが融資が認められる可能性は高いでしょう。

参考:教育ローン審査が甘い銀行は?落ちたらどうする?

高校生の学費といっても私立高校に通うことになった場合、年間70万円以上もかかることもあります。

学費が払えないということになったらどうなってしまうのか?除籍や退学という最悪の結末も考えられます。

高校は教育機関なので、すぐに除籍ということにはなりませんが3か月以上滞納してしまうと、除籍や退学になる可能性が上がります。

払えないときの解決方法はもう借金しかありませんが借りる際には借入先は慎重に選びましょう。

国の教育ローンを利用すれば世帯年収が低い方でも安心して借りることができます。

銀行の教育ローンというものは、普通は、金利が低い商品が多いです。

ノンバンクの教育ローンより融資金額は大きいですしローンの返済期間も長期間になりますので、月々の返済も余裕を持てます。

近頃はネット銀行もだいぶ増えているのでWeb手続きだけで完結する銀行が多くなり利便性も向上しています。

銀行口座を未所有でも申し込めるというローンもありますが口座を所持していると優遇金利を受けられるという銀行が多いです。

また、住宅ローンの利用でも金利が安くなる銀行もあります。

ろうきんは会員が出資し会員同士お互いを助けあうことを目的とする非営利団体です。

銀行や信販会社といった営利目的では運営されていないため金利は2から3%台となっています。

融資限度額は1000万円から2000万円と、国の教育ローンと比較するとかなり高額でローンの返済期間は15年から20年と長期になります。

ろうきん会員以外の方でも借りることはできますが労働組合や生協組合などの会員であれば優遇金利が適用されるメリットなどもあります。

ろうきんの特色として地方の労金の場合は入学金や学費以外に仕送りや下宿代なども認められています。

教育ローンの金利というものは、金融機関によって大分差があります。

金利が低いところでは1%台からあるのですが、金利の高いところでは10%近いところもあります。

銀行の場合、口座を作ることで金利が低い優遇金利を受けられることもあります。

金利の計算方法にも2種類あり固定金利と変動金利の2種類に分かれます。

現在は低金利の時代なので固定金利の方がリスクが少ないと言われています。

教育ローンを比較するのであればランキングサイトを活用すると良いでしょう。

わざわざ銀行へ出向いたりを回ったり電話で資料請求する必要もありません。

金利や借入可能額については表になっているので一目で比較ができます。

ランキングサイトには、来店の有無やローンのお勧めポイントなどが掲載されていることもあります。

ランキングサイトから直接銀行のHPへ飛べるようになっていることが多いのでとても便利です。

国が学びたい学生のために融資をしている教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫(財務省所管の特殊会社)が取り扱っています。

国の教育ローンは教育一般貸付と呼ばれ、最高350万円まで融資を受けることができます。

教育一般貸付は年1.76%という低金利のほか固定金利になっているので安心して利用することができます。

子供の人数や年収によって利用可能な年収の上限額が変わってきます。

融資された資金の使い道は民間の融資機関よりも幅広く修学旅行費用や、学生の国民年金保険料などにも使うことができます。

低金利な教育ローンと言えば教育一般貸付(国の教育ローン)です。

年1.76%(固定金利)という金利で銀行やノンバンクと比べてかなりお得になっています。

通常銀行で3から5%、信販系で5から10%になるので国のローンが群を抜いて低金利であると言えます。

学費以外にアパート代やパソコン購入費など色々な教育資金に利用することができます。

ただし、国の教育ローンは低所得者の方のためのローンですので対象となるのは高校や大学などで学びたいという中学校卒業以上の子供になります。

教育ローンとは使途が教育に関連する費用に限定されたローンです。

学生の保護者が学費や入学金の支払いのためにローンを組むという方が多いです。

義務教育以上の学費や私立の学校であっても利用対象となります。

教育ローンの融資を行っている金融機関は銀行やノンバンクになります。

事前に確認しておきたい点として、金融機関によっては、保育園児は教育ローンが不適用となる場合がある事です。

教育ローンが借りれないという人にはどのような事情があるのでしょうか。

色々な要因があると思います。

まず、働いていることが貸付要件としてありますので無職であったり年金受給者と言う人は貸してもらえません。

正社員である必要はありませんが安定継続した収入を得ているということをきちんと証明しなければいけません。

契約社員などの場合は最低でも2年以上の勤続年数が必須と言えます。

年収も200万円以上なければ審査には通らない可能性が大きいでしょう。

教育ローンもローン契約ですから利用するには審査を通過する必要があります。

審査を受けるためにはいくつか用意するものがあり、本契約までに全て用意しておかねばなりません。

ネットで申し込んだ場合借入申込書は必要ありませんが源泉徴収票や確定申告書などの収入を証明する書類は必須です。

ほかに、運転免許書やマイナンバーカードなど本人確認できる書類や公共料金の領収書なども必要です。

ですが、何より最も肝心な書類は在学していることが確認できる書類や、合格通知や入学許可書ということになります。